「人間の心の取り扱い説明書、あなたの人生を改善、向上させる取り組みについて」

自分の弱さを診断してみる?心理テスト性格診断 面白いほど当たる!(無料、テスト回答は20分、200の質問に、Yes/Noで答えるだけ!)

人は自分の潜在的な力や能力を知らない

あなたは「自分がどれもど高い地点まで到達できるか」ということに全く気が付いていません。

「人間の心の取り扱い説明書、あなたの人生を改善、向上させる取り組みについて」に書かれているデータの数々は、あなたが今まで学んできた、どのようなデータよりも上に存在します。

ここに書かれていることが、あまりにも突飛であったり、バカバカしく思うのであれば、それも仕方ありません。

(この宇宙の法則の一つ)「愚かなまま」で、いるとだまされ続けます。
(一見知的で実行力のありそうに見えるが)目には映らない「狡猾な罠」があちこちにあります。

ここに書かれていることを読み進め「同意」出来ないと感じる人もいるでしょう。
その際は、残念ですが、これからもずっとずっと「無知」なままでい続けてください。

人々は「臆病」です

大抵の人は臆病です。
これは、大勢の人に共通した心理です。

そして、その中でもある一定数は「かなり臆病」です。
でも、それをいっさい顔や態度に表しません。この態度は、社会性や訓練により身に着けた存在性であるのかもしれません。

感情のチャートの一部を紹介しています。(参考にしてください)
https://itami-ya.org/valuable-information1/

この世界は、力(権力、権限、圧力)と不寛容(知っているという無理解な状態)に基づいて、組織され… 苦痛(懲罰)によって、その(仕組みやルール)を受け入れるように要求します。

これらは「臆病者」が、好んで使うコントロールの方法の一つであるかもしれません。

国家、警察、軍隊(自衛隊)消防隊、そして学校の中、家庭やビジネス、あらゆる組織など、いたるところに蔓延しています。これは(隠れた)大きな罠のひとつといえるものです。

喪失とは、何でしょう?

喪失を簡単に定義すると「所有性」に行き着きます。喪失、つまり悲嘆を起こす背後にある仕組みです。それは「持つ」と「持たない」という概念です。(上位のデーターになるので分かりずらいかも)

そして、多くの人は自分が(勝手に)大切だと思っている物や人を失う(それを持てなくなる)と、自分自身の中にある「何かを失った」と感じることがあります。


とても大切にしている自転車を盗まれると、その人は自分の手足を失ったという感覚に襲われるかもしれません。(これが、もしかしたら手足の不調を生む原因になるかもしれません)


(一種独特で、風変わりに愛情を注いでくれていた)自分を可愛がってくれていた祖父を亡くします。(これが愛情や恋愛、結婚観に現れる奇妙な性癖として現れる原因になるかもしれません)

喪失感は、しっかりした手順を踏んで取り組めば取り除くことができます。

ここでは、詳しい説明は省きますが「臆病者」は、沢山の「喪失感」を抱えています。臆病者は自分をとことん隠します。絶対に本心は見せません。悟らせません。

恋愛、結婚で失敗する人は「臆病者」を見抜けなかったのかもしれません。人生で喪失を経験していて、なおかつ人間関係でだまされたり、裏切られる経験をしてきた人は「喪失感をたくさん抱え」いつの日にか自分自身が「臆病者」になっていくと考えることができるかもしれません。

「人間の心の取り扱い説明書、あなたの人生を改善、向上させる取り組みについて」人は自分の潜在的な力や能力を知らない、でした。

タイトルとURLをコピーしました