(真の理由)優柔不断とは

自分の弱さを診断してみる?心理テスト性格診断 面白いほど当たる!(無料、テスト回答は20分、200の質問に、Yes/Noで答えるだけ!)

決められない、決断できない

  • 「自分は、あの場面・状況で正しかったのか?間違っていたのか?」
  • 「あの時の決断は、あれでよかったのか?あれがいけなかったのか?」
  • 「突然の状況で、感情的にならず冷静に判断できるか?焦って判断を誤るだろうか?」

人は自分の「過ち・間違い」によって陥ってしまった深みから、自分の決断力を回復させなければいけません。

最も危険な「過ち・間違い」とは、自分は「悪だ・悪者だ」という結果につながる決定をすることです。あなたが決めたことが「現実の世界」で起こります。

  • 人は自分への信頼感が低いと、何かを決定することに困難を感じます。
  • また、自分が過去に決めたことを(容易に)取り消すことも困難に感じます。

優柔不断とは、この表れの典型でしょう。

優柔不断な人の特徴と変えるための改善策

この傾向にある人は、自分の「人生が下り坂に向かっている」と認識すべきですが、おどろいたことに本人はそう思っていないことがあります。

  • 彼がなぜ、その決定をしたのか?
  • 彼がどうして、決定ができないのか?
  • または、その時点で「どのようなデータ(単なる人の意見やアドバイス・何かで見聞きしただけのもの・けっして自分自身でその真意を確かめていないもの)」を使用していたかを悟らせると、この状態を「緩める」ことができる可能性があります。

(さらに深い部分については、的確な技術が必要です)

優柔不断とは「なんとかその場をやり過ごし、事なきを得よう」という臆病さの表れかもしれません。

優柔不断の、さらなる特徴と内面とは

優柔不断さを「自分一人で処理できる」ぐらいなら、とっくに解決しているんでしょう。

「間違った、決断をしたくない」という気持ちがある背後には…自分に自信がない、責任感が低い・責任を取りたくないという気持ちがあります。

  1. 悪い結果になる決断を過去に経験した
  2. 正しくない、間違った決定を責められた

このどちらかのラインに沿って過去にさかのぼっていくことで、奥底に横たわる有害なエネルギーを取り除くことができるかもしれません。
(決して一人では行わないでください)
時に!
物凄く大量の(負の)感情が湧き上がってくることがあります。

優柔不断でも、生きていくことは可能だし、それで死ぬことは無いので深刻になりすぎることも無い、と自分を甘やかしていませんか?

自分への信頼の回復は、自信の回復につながる道です

多くの人は、自分が考えることが実現すると思っていません。あるいは、万が一考えたことが実現したとしても、それが自分に返ってくると期待していません。

さらに、多くの人は「自分自身が他人(周囲の人)にとって破壊的な(悪いことが起こる)何らかの決定をしてしまうのではないか」「怯えて」います。中には「自分は病気であると、自分を納得させる、決定をしている」ことを発見することもあるでしょう。

「自分は優柔不断だ」と決めているなら「なぜ、そうなったのか」を知るべきであり、解決できると知ることは、どれほど重要なのでしょうか?

人は、そこに生きている限り、なんらかの状態にいます。(感情のチャート 参照)

あなたの過去の決定を変えることで、今の「その状況や状態を向上させる」ことができます。

今のあなたは「何者ですか?」占いより当たる!性格診断心理テスト 参照)

(真の理由)優柔不断とは、でした。

タイトルとURLをコピーしました