なぜ人は「変わりたい」と思っても変われないのか?

変わりたいのに変われない? 心の取扱い解説中!心理テスト性格診断 面白いほど当たる!(無料、テスト回答は20分、200の質問に、Yes/Noで答えるだけ!)

変わりたいけど変われない理由とは

あなたは過去に何かを決断して、行動に出ました。
そのことが現実に「起これ!」と願いながら…。

そして、それが「起こらなかった瞬間」まさに、そこで「自分自身の能力に疑いを抱き」そこに留まったのです。

こういったことが繰り返されるたびに、その「疑い(負のエネルギーの感覚)」は、積みあがっていき、心の中に堆積して、ついに自分自身では打ち砕くことが出来なくなりました。

能力に対する疑いは、自信の喪失を生みます。

人は心の命令に反応して行動します。
失敗や喪失、苦痛や実際の肉体的な痛みは、刺激に対して反応する心を作り上げます。

これが、変わりたいけど変われない理由です。

変わりたいけど変われない原因とは

「考える心と反応する心」を立証する主要な根拠は、その実用性です。そして(膨大な量の)心の様々な現象を予測したという事実です。考える心と反応する心とは、観察すれば存在することがわかり、効果的なカウンセリングを適用すれば心の問題が速やかに解決することが体感できます。
(十分に協力的な人は速やかに、疑いが強い、理解が不十分などの理由で効果が出るまでに個人差がありますが、適用することで結果は出ます)

反応する心(負のエネルギー)を説明していない、これを扱わない方法は不完全なテクニックです。それが人がより良く変化したい、変わりたいけど変われない原因です。

あなたにとっての最適の位置、最適な行動の地点、最適な状態、すなわち理想的な状態に至り「自分自身が取り戻されていく」というシンプルさへと戻っていくには「反応する心(動物の心の痕跡)」を処理する必要があります!

本気で変わりたいのに、歯がゆいと感じていませんか?

なぜ人は「変わりたい」と思っても変われないのか?でした。

タイトルとURLをコピーしました