過去からの影響に苦しんでいる、過去からの影響を引きずっている人へ

自分の弱さを診断してみる?心理テスト性格診断 面白いほど当たる!(無料、テスト回答は20分、200の質問に、Yes/Noで答えるだけ!)

喪失感から立ち直る方法を提供中。

今この瞬間 あなたは「どこ」にいますか?

普通は「どこ」と質問されれば、場所を示すと考えますよね!?

心とは、心=映像の集まりです。その映像は一秒間に25コマ作られているそうです。

さて、仮にあなたの大切な人、ペットが亡くなったと聞いたら?

あなたは悲しむでしょう! あまりの悲しみ、悲嘆のショックで混乱してしまうかもしれません。いわゆる、喪失感というものです。

人にもよりますが悲しみに沈みこんで、何日かメソメソしているかも知れません。

それでも、容赦なく「時間は物理的」に過ぎていきます。

しかし、気持ちは大切な人、ペットが亡くなったと聞いた時「まさにその瞬間に釘付け」になり、ただ悲しみだけに暮れるでしょう。

他にしなければ、いけない事があっても喪失感で何も手につかないかもしれません。

そんな経験を実際にした人もいるでしょう!

または、そういった人を見たことがあるかもしれません。

喪失感は永遠になくならない!?

時間は物理的に容赦なく過ぎますが、悲しみ、苦痛、痛み、失敗、失恋、死別、別れの経験、などの喪失感は「永遠に過去の、その瞬間」にとどまっているといえませんか?

はじめに「どこ」にいますか? と質問をしました!

人生で沢山の、悲しみ、苦痛、痛み、失敗、失恋、死別、別れを経験していると、そういった喪失感は「過去の時間」に少しづつ気持ちの一部を残すことになります。

心が病んでいる。

心ここにあらず。

そういったことを示す言葉が、たくさんありますよね。

トラウマ、ペットロス、グリーフは、心の法則にしたがいます。

喪失カウンセリング、悲嘆ケアは、心の法則にしたがった技術によって速やかに解決できます!

人生最大の失敗・過ち・後悔をデトックスします。

心の傷は時間が癒してくれる、薬・投薬で治療する、仕方ないものとして墓まで持っていくのは、あなたの選択と自由です。

これからも喪失感から立ち直るには何が効果的で、何が一番結果を提供できるのか!を伝えていきます。では…。

過去からの影響に苦しんでいる、過去からの影響を引きずっている人へ、でした。

タイトルとURLをコピーしました