子どもを本当に幸せにする「大人の接し方」

変わりたいのに変われない? 心の取扱い解説中!心理テスト性格診断 面白いほど当たる!(無料、テスト回答は20分、200の質問に、Yes/Noで答えるだけ!)

子どもに絶対聞いてはいけない事

こんな話を聞いたことがありますか・・。

「将来、なにになりたいの?」って子どもに聞いてしまうことありますよね。

上記は、子どもに対して当たり前の質問でしょう。

でも・・絶対に聞いてはいけない質問なんです。絶対に!です。

大人A   「B子ちゃんは、将来なんになりたいの?」

B子ちゃん 「わたしね~ケーキ屋さんになりたいの!」

大人A   「へ~いいね~」

            :

大人C   「D君は、大きくなったらなんになりたいの?」

D君    「ぼくね~声優になりたいんだ~」

大人B   「がんばんなよ!」

だめです! だめ!

これじゃ、ろくなもんになりゃしません。

子どもたちの周りにいる「大人の接し方」1つが将来に大きな影響を与えるんです。

親や先生・コーチなんて人たちの影響は計り知れないんです!!

うかつにも、「しょうらい、なんになりたいの?」なんてきくべきじゃありません。

どうして!?

なぜ!?

いけないの?

「しょうらい、なんになりたいの?」

と聞いてしまったら 最後まで「責任」をとって話をすすめましょう!

(トイレに入ったら、けつを拭き、手を洗うのとおなじです。)

上記の質問だと「ケーキ屋」「声優」になるのが目的・夢であり、最終地点と勘違いしている、可能性があるからです。理想と現実の違いを知らないからです。

現実は、毎日、毎日、毎日、毎日 ケーキを作り続けなくてはいけません。

つらくても、かなしくても、さびしくても 毎日作り続けなければいけません。

「ケーキ屋」に なるまでより、「ケーキ屋」に、なってからのほうが長いんです。

「ケーキ屋」1年目でも、「ケーキ屋」30年やってます、でも同じ「ケーキ屋」として名乗れてしまうし、じじつ1日目でも「ケーキ屋」ですよね。

わかりますか!?

「ケーキ屋」になりたいことは悪くないが、なりたいだけの気持ちでなってしまうとつづかないでしょうね。 厳しい世界ですから・・。

では・・なぜ 毎日作り続けるのか・・「生活のため・お金のため」じゃせつないですね~。

この場合のひとつの正解は「お客さんの笑顔を見たい」ってところかな、かっこよすぎ。

話をもとにもどすと「将来、なにになりたいの?」 だけでは ×

それから、「なに」をして「なに」をえたいのかまでハッキリと聞く! ってことが重要です。

色々な「プロ」のせかいで成功した人が、いっていることによく耳を傾けてみましょう。

たいてい、「よろこんでもらえる」ことが、はげみになっていると答えています。

じぶんのしたことが「みとめてもらえた」

じぶんのしたことで「よろこんでもらえた」

「だから、がんばろう」

「さらに、うえをめざそう」

と、モチベーションになります。

ここをシッカリ押えておけば、こどもが大人になった時どこの世界でも、がんばれるでしょう!!

子どもの気持ちがわかってない、と言われる「親」

ほんにんを無視して、受験や進学でむちゅうになっている、親にはわからないでしょうね。

ほんにんを、むしして受験や進学をさせられた、こどもが将来どんな反撃をするのか考えるとすこし恐ろしくないですか?

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

子どもを本当に幸せにする「大人の接し方」でした。

*ここでの「子ども」は、幼児から学生までを含みます。

タイトルとURLをコピーしました