助け、に失敗すると何が起こるか?

(意味は) ヘルプ、助けとは 

  • あるものをよりよく改善する、よりよくする。
  • コンディションを上げる。 

です。

あなた自身を含めて、精神的又は、肉体的に「助け」が必要だと思う人が身近にいませんか?

  1. 精神的(ストレス、神経痛、引きこもり、あがり症、緊張しすぎ、自信がない・・)
  2. 肉体的(つかれやすい、だるい、無気力、やる気が出ない、病気がち・・)

もしそんな人がいたら、助けたい、力になりたいなんて考えませんか?

(まあ、考えたとしても実行するしないは別問題です)

そして、実行した結果…誰かを助けようとして、失敗してしまったらどんなことが起こるでしょう?

(気分をよくする、役に立つ、援助をする・・・自分自身を自分で助けることも含まれます)

助けに失敗すると、気分悪いですよね。

気分が悪いのは、基本的にあなたが「善」だからです。

そこで質問です。

あなたは今までに誰かを助けようとして、失敗したことがありませんか?

そして、沢山の助けの失敗を経験するとどうなるでしょう?

気が付いたことがあれば、お知らせください。

「自分に自信がない」「自分に自信が持てない」「自分がわからない」などの真理は、助けを理解することにあります。

追伸

この法則を知ると、「嫉妬」「浮気」の原因が見えてくるんです!

(気が向けば、このこともそのうちに記事にしたいですね)

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

助け、に失敗すると何が起こるか?でした。

躁鬱、気分屋、やる気が出ない

躁鬱、気分屋、やる気が出ないなら、これを読んで参考にしてください。

「恋人、結婚、友人」相手を選んでますか?

助け、援助すると装いつつも絶えず、人を否定、批判し、周りの意欲や目的、そして生命エネルギーそのものを引き下げようとしている人を何人か知っていますか?

精神的に病んでいる人は他者をコントロールするために、非常に逸脱したふたつの異なった方法を行います。

ひとつ目は、即座に従わない場合、非難し返したり友好関係や援助をやめると脅すことによって自分の望み通りのことを強制する方法です。

  • 言い換えると「言った通りにしなければ、あなたの友達にはならない」ということです。
  • それはあからさまな支配です。
  • それはさらに、怒り、あからさまな批判、非難、その他の手段で相手を貶めることによって、相手を従わせようとする努力です。

ふたつ目の方法は、無力化による支配と言えるでしょう。

それはひそかに行われ、大抵それを受けている人は、自分は非常に調子が悪いという事実以上のことには気付きません。

それは臆病者が支配するために用いる方法です。

  • その方法を用いる人は、自分は標的となっている相手よりも自分が劣っていると感じており、その事実を認める正直さや勇気を持っていません。
  • そのため相手の細かい粗探しをして、それを利用し相手の重要性を引き下げようとします。
  • 支配を試みる人はターゲットとなる人の自尊心と能力を攻撃します。
  • そして、そのターゲットの人がそのメカニズムを使っている人に挑むと、自分がそうしているのは単に仲間としての援助や君を助けてるんだ!と主張したり、それが行われたことを完全に隠したりします。

ふたつ目の方法はひとつ目の方法よりも遥かに有害です。

その方法を使う人は、完全にコントロールできるところまで他の人を引き下げようとし、ターゲットが混乱した無気力の状態になるまでそれを続けます。

無力化の共通は「否定」であると言えるでしょう。

  • 無力化を試みる人は、ターゲット自身だけではなく、その人の能力や知識も否定しようとします。
  • ターゲットの所有物は実際よりも価値がないと言われ、その人の経験は無効にされ過小評価されます。
  • ターゲットの容貌、強さ、身体的な能力や潜在能力も否定されます。
  • これらすべては、ターゲットのためを思ってやっているように見えるほど、ひそかに行われるかもしれません。
  • 無力化を試みている人は否定されている人を(彼の中の理屈では)向上させようとしているのです。
  • もちろん、ターゲットにされた人が向上することは無く、健康で調子がいいと感じることは全くありません。

最近のニュースで目にする、どこかの国の人や、表には出てこないかもしれませんが「あなた」のすぐ近くにいる人が上記に当てはまるかもしれません。

見つけられるかな?

「人を助ける」とは、助けるに値する人を助けることです。

ここは「助けている人を助ける」がコンセプトです。ちょっと、哲学的かな!?

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

躁鬱、気分屋、やる気が出ないでした。

傷ついてきた心「過去の嫌な記憶(喪失感)を白紙に戻す?」

傷ついた心(苦痛の感情)を修復することで精神的、身体的な向上の余地があります。

あなたは現在よりも(心と体ともに)良い健康状態になりたいですか?

人々は、他の何かを助けたい気持ちを持っています。
しかし、人々は通常、他の何かを助けようとすると失敗します。

この人生で、思い出せないかもしれませんが「助けたい、援助を与えたい」とした人の数(または、それ以外の助け)を調べてください!

それは、結果的にどれほど感謝されましたか?(家族を助ける、動物を助ける、何かを助ける)

  • 助けが、上手くいったとき、心地よかったはずです。(嬉しい、気分が良い)
  • 助けようとして失敗したとき、がっかりしますよね。(心が傷つく、喪失や苦痛の感情を得る)
  • 助けようとして失敗した出来事は、あなたに悪影響をもたらします!(意欲の減少、自信喪失など)

助けに対する失敗(喪失感、苦痛の感情)が、どれほど心を傷つけて「心に有害な影響を残す」のか?

(心が傷つく)その事実を知ったら、あなたはとても驚くことでしょう!

心の傷を修復すると、精神的・身体的な健康が向上する傾向にあります。

人は沢山の助けに囲まれている!?

あまりにも心が傷ついていて「助け」を誤解して、取り違えている人は多いんです。

あなたの周りで、あなたを助けているものをどれ程見つけられますか?

「助け」に対する感覚を誤解していたり、助けは裏切りであると感じている人は上記の質問に答えられないでしょう。「助け」という主題は、あなたが知っているより奥が深いんです。「助ける」感覚が鈍っていたり、失われていると自分や周りを傷つけるようになっていきます。

詳しくは、またどこかで記事にしたいと思いますが「深く深く傷ついた心」を修復しています。

助けに対する新たな視点、と心の傷!

「真面目で、素直で、人が良く、相手の気持ちを察することができる人」は、深く傷ついてきたか、傷つけてきた過去の後悔を抱えている可能性があります。

今回、私たちは「あなたが誰かを助けようとして失敗したとき」を見つけたいと考えます。

身近な人や知り合い、飼っていたペットが身体的な苦痛を抱えている。精神的に苦しんでいる。また在るときは、事故やケガで死にそうになっている。原因不明の苦しみや病気などで命の炎が燃え尽きようとしている。親が言い争っていたり、離婚の話が出ていたりしている。その時に、人は自分が「その人やペット」を助けることに責任があると真剣に、深刻に考えすぎる傾向があります。

あなたが、その瞬間、そこにいた、いないにかかわらず、(これ以上悪いことが起こらないように、死なないように、別れないようにと望んで)なんとか助けようとして、助けに失敗したと感じた瞬間を見つけたいんです。

「良心の呵責」「自責の念」「責め」「自己犠牲的な困難に縛り付ける」といった後悔の念も、そこに見つかるかもしれません。

傷ついた心を修復すると、後悔の念という過去のガラクタも白紙に戻すことができると言えるかもしれません。

あなたは、誰を助けようとしたことがありますか?

助けることに失敗したとき心は物凄く深く傷つきます、心に与えた有害な影響を取り除きましょう。

今現在、誰も助けようと思わない、誰かを助ける自信がないと感じたとしても「過去に助けようとしたとき」を見つけてください。

そして、あなたが現在何かの仕事についていて給料をもらっているなら、その仕事を通して誰かを助けた見返りとしてお金を受け取っていると考えられます。仕事で失敗を経験しているなら、何か見つかりそうですね。

恋愛や結婚については、助ける気持ちのバランスとコミュニケーションの「間」が近い人を選ぶことが幸せになる秘訣です!

「失敗した助け」を見つける参考に
  1. 自分で自分を助ける。(自分を助けられない人は、更に自分を傷つけていきます
  2. 他の人から自分が助けを受ける。(2番は、他の人があなたを助けようとして失敗した場合、相手が被る悪影響についてです。しかし、ここでの失敗はブーメランのように自分を傷つけます
  3. 自分が他の誰かを助ける。(ここが一番、傷つくところですね。深い傷を負うところです
  4. 自分は直接かかわってないが、誰かが誰かを助けようとしている。(無力さを知り傷つきます)

さらに、

  1. 自分自身。
  2. 自分と家族(親、兄弟、姉妹あるいは自分と恋人、結婚相手)。
  3. 自分の属してきた、クラス、チーム、グループや組織、国家など。
  4. 人として人種や種族に関わること。

上記2つを考慮に入れて「失敗した助け」を探してみてください。

あなたは、あらゆる領域で努力してきました。何度も成功してきたかもしれません。
失敗は、あなたに跳ね返ってきました。それにより、誰かを傷つけたり自分自身が傷ついてきました。(助ける、ために自分を病気にすることもあります)

苦痛や痛み、悪い影響や有害なエネルギーは、心に蓄積していきます

長い年月をかけて、じょじょに溜まる場合と、大きな失敗を経験すると物凄い大きなショックで、人生が終わった!と感じることがあるかもしれません。

精神的な問題を扱うことによる「身体的な病気の緩和の効果、結果」における一貫性は私たちとコミュニケーションを取れるだけの積極さと自分自身が抱える心の問題、精神的な苦痛の改善にどれだけ真剣に取り組めるかにより変わってきます。

心と体に残る有害な悪影響を取り除く「唯一」の方法、「傷ついた心と体」を、もとどおりに修復する技術があるということを心にとめておいてください。

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

傷ついてきた心「過去を白紙に戻す?」でした。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だ!

少し変わった視点で、私たちの社会を見て見ましょう。

後半に『あらゆる人に効果のある「気分がよくなる、簡単な実践」があります。』
始めに、「助け」と言う主題を取り上げます。(これに気が付くことが重要なため。「助け」とは、誰かや何かの役に立つ、必要とされる、支援する、援助する、貢献するという事を含んでいます。)

自分が今いる周りを見回して「助け」について考えて見ましょう。

そこには「天井」がありますか?
「天井」は、どうやら雨や雪であなたが濡れない様に「助け」てくれますよね。

そこに「床」がありますか?
「床」も、あなたが下に落ちてしまわない様にあなたを「助け」てくれますよね。

あなたの周りは「明るい」ですか?
「光」は、どうやら物が目に見える様にあなたを「助け」てくれますよね。

他にはどんな物が目に入りますか?

水・空気・植物・動物・・・世界中のあらゆる物や人・・・。

それらは、どうあなたを「助け」てくれていますか?

少し視点を変えて見れば、色んな物や人が、あなたを「助け」てくれている事に気がつきませんか!?

この世には、物凄い数の「助け」が存在していて、あなたは「助け」を受け入れて、時にはあなたが色んな物や人を「助け」ているはずです。

あらゆる仕事は「助け合い」が必要ですよね。「助けた」事により、自分が報酬や賞賛を得る結果になるでしょう。

子供が遊ぶという事は、その経験が彼の人生を「助ける」事になるでしょう。

この世にあるどのような物も人も「何かを助け、何かから助けられている」という事実を今一度思い返して見ましょう。

「助け」と言う主題は、時として人を不快な気分にさせ、「助け」という主題を避けようという気分にさせるでしょう。

「過去に傷ついて、過去に捕らわれている人」は「過去の出来事と今、目の前で起きている事を混同している」事がよくあります。 

「助け」が「助け」にならなかった・・・、「裏切り」という結果になってしまった過去の「痛い」経験があるなど・・・経験・知識は人生にとても必要なものです、しかし失敗して傷つく・挫折・喪失・劣等感(コンプレックス)などの「苦痛」は「助け」について混乱した考え方をするようになる原因になりそうです。

それでも不思議な事に、人を観察して見ると『子供でも大人でも、過去にどんな経験が在ろうと、人には他の人を助けようとする「意欲」があり、助けを求められると「意欲が増す」傾向にある』という結果を得るはずです。(意欲とは- 進んで何かをしようと思うこと。また、その心の働き)

年を取った人、若者

一般的に
年をとった人は若者を見て「若い頃のように熱意を取り戻せたら」「人生をやり直せたら」と思い。
若者は年をとった人を見て「新しい考えを受け付けない」「頑固者」と考える傾向にあります。

この違いを生むものが「意欲」です。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だといえるでしょう。

年をとった人は若者を見て「人生経験が足りない」「知識が無い」となじり、物事を慎重に考えろと説きます。
若者は「少ない人生経験」「知識の無さ」から柔軟に素早く考え行動し、時には失敗をします。

若い頃に「意欲」を持っていたが、年を取ったら以前よりも「意欲」が無くなったと感じているならば、そこには「痛み」があるはずです。

年を取った人は「痛み」を溜め込み、若者は、まだ「痛み」の蓄積が少ない、「痛み」が「意欲」を押さえつけていくようですね。

心、肉体に対する大きな「痛み」は、一気に「意欲」を挫き「生きる力」さえ奪います、少量の「痛み」は少しずつ「意欲」を挫いていくようです。

あらゆる人に効果のある「気分がよくなる、簡単な実践

ここで若者にも年を取った人にも有効な「意欲」を回復させ「助けは良い物である」と気が付く興味深い【実践】を紹介します。

それは「散歩」です!
「意欲」を無くしている人、気分のすぐれない人、落ち込んでいる人、あらゆる人に広く効果があります。

とに角、試してみる【実践】あるのみです。「実感」以外に効果を知る事は絶対に絶対に出来ません。

ここでの散歩の仕方は「遠くの物を見たり、近くの物を見たりしながら散歩する」事が【秘訣】です!

そして、「たまに自分が今いる場所と自分が過去にいた場所とを比べる」ことです。

この二つを交互に繰り返しながら、気分がよくなるまで「散歩」する。これだけ!!

「痛み」を溜め込んでいる人は気分が良く感じるようになるまで時間がかかるかもしれません。
「痛み」の蓄積が少ない人は比較的、短時間で気分が良く感じてくるかもしれません。

(2時間ぐらいで気分のよくなる人もいれば、1~2週間続けなくてはいけない人もいるでしょう)
(出歩くのが難しい人は、部屋の中でも上記の要領で試してみてください。効果が出るまでに時間がかかるでしょうが)

「散歩」が役に立ちます。
この興味深い【実践】を行動に移し活動する事が、あなたの「助け」(役立つ)になることを願っています。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だ!でした。