「美的感覚の心」芸術家、アーテストを助ける!冴えた感覚

「美的感覚の心」をリハビリする取り組み!

人が持つ美的感覚の心について芸術家、アーテストを助ける!

人が持つ、美的感覚の心という上位のレベルを考察するにあたり、個人の未来予測診断「能力診断心理テスト」を受け、結果を知ることは個人の将来の目標や目的に関する方向づけに、かなりの修正が必要になってくることを理解する助けになります。

美的感覚の復活!

「美的感覚の心」とは、芸術と創造、創作という漠然とした分野を扱う心のことです。

「カッコいい、おしゃれ、唯一無二」と表現は様々ですが、美的感覚には他者を引き寄せる力があり人々はそれに引き寄せられる習性があるようです。美的感覚とは、単に「美しい」という意味です。押し付けられた美的感覚や抑えられた美的感覚というものもあります。誰かがどんなに愛らしいと叫んでも、取りつかれた状態からは、どんな美しさもひどく醜いものになります。自発的に「あなた」が美しいと見なすものが「あなた」を喜ばせるのです!(美しさを愛とか、その他のものと混同しないでください)

追加のデータ:新しいものは早く動き、古くなればなるほど動きが緩慢になる。美的エネルギーは人生を創造します。老化してくるに従い、よぼよぼの身体と「のろさ」という反応を得るようになる。

そして、ここでは芸術的能力の回復を助ける可能性を示す、ある一つの方法について紹介します。

程度の差こそあれ、個人の心に残る有害なエネルギーの影響で、美的感覚の心の実行能力が大いに抑制されてしまうことが明らかになっています。数多くの新しいものを生み出し続けることが出来ないようになります。

芸術家、アーティスト、画家、役者、音楽家、作詞、作曲家、建築家、デザイナーを問わず創造的衝動を発揮できなくなってしまう原因です。

芸術の分野で働く者は「ノイローゼであるべきだ!」という、世の中に蔓延している偽りのデータに苦しんでいる人も大勢いるかもしれません。

美的感覚の心は、感情のチャートにおいてかなり高いところに位置しています。

歪んだ心を持つ人たちからの影響

美的感覚の心は、歪んだ心を持つ人たちにより抑制され抑圧され、あるいは型にはめようとする社会によって攻撃されることがしばしばあります。(昨今のSNSにおける誹謗中傷問題が、その分かりやすい例になるでしょう。相手の「価値をおとしめる人」を見分ける最新データもあります)

あなたには本来とても素晴らしい潜在能力が備わっているんだろうと思います。しかし、人の心の中には、明らかに自分の意志ではどうすることもできない「何か」があり、それによって人は、おかしな行動をしたり、おかしな考えに取りつかれたり、物事を実行する能力が低下しているように思えます。

人の心の中に深く埋もれていた、これまでに発見されることがなかった「動物の心」の痕跡が明らかになりました。

それは、専門家や研究家、哲学者たちに気づかれることも、知られることも無く心の奥底に隠れています。(権威主義的な団体や既得権益に浸かっている人達からは無視されるものだと思います)

心には意識レベルの下に(心の仕組みによって分からないように隠された)どんな状況下でも絶えず記憶し続けている「動物の心」の痕跡があります。

「動物の心」の記憶には、本人の意識が低下した時や完全な無意識状態になった時に知覚したあらゆるものが含まれています。(肉体的な痛みの感覚、感情的な苦しみや不快感、言葉にはできないような有害な影響の数々)

意識している心はデータが入り込んだことを知覚していませんが「そこ」には、(肉体的な痛みの感覚、感情的な苦しみや不快感、言葉にはできないような有害な影響の数々)すべての記憶が残っています。(動物の心は、単に刺激=反応だけに基づいて動きます。ある刺激を受けると心は勝手に反応して、過去の不快な影響を今の「あなた」投げ返します!)

これが、心の中にある自分ではどうすることもできない「何か!」の正体です。

薬(ドラッグを含む)や占い、未知の力やスピリチュアルなエネルギーなどで、処理・解決できるものではありません!

「美的感覚の心」を救う取り組み個人の中に眠っている…冴えた感覚を取り戻す。

1、(ここで紹介している)心理テストを受けて、現在の状態を知る。
(未来予測の結果は、一言診断を添えて後日返信します)

2、「あなたの考える助けとは、何ですか?」
  「あなたの考えるコントロールとは、何ですか?」
  「あなたの考えるコミュニケーションとは、何ですか?」
   に対する答え合わせをする。
   そして、
  「あなたの考える(活躍する分野)とは、何ですか?」
   について掘り下げてみる。

3、心の仕組み、解決策についての理解を深める。

4、心に残る有害な悪影響を一掃して「冴えた感覚」を再び取り戻す。

この順番で進めていきます。

*きわめて簡単な走り書きのような内容ですが、これに騙されて見ようかな!?などと考える奇特な人が現れるでしょうか…。これが何よりも重要なデータ・情報であるとお伝えしておきます。

追加のデータ 感情のチャートでも少し触れていますが、感情の段階の低い人とは出来るだけ付き合わない方が賢明です。真に創造的で、創作意欲を失いたくないなら…。そしてもし、何か喜ばせるようなことをして、誰かの好意を得たり、怒ったりイライラさせたりしないように周りを気遣っているならすぐに手を打つべきです。

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

問い合わせ受け付けています。
「美的感覚の心」芸術家、アーテストを助ける!冴えた感覚でした。

補足 ここまで読み進めてくれ、ありがとう!これからのあなたの活躍に役立つであろう一言を授けます。技術とは、順を追って習得が可能であり、段階を追って 他の人にも伝えていけるもののことです。芸術とは、他の人が まねが出来ないもの。人を感動させ喜びや生きる力になるもののこと。他の人に段階を追って伝えていけないものは技術(skill)ではなく芸術(art)であると理解できるでしょう。スキルを身につけた後、経験やカンといった当てになるようで当てにならない一般人には理解や説明の出来ない感覚を持つに至った僅かな人がアーティストと呼ばれています。スキルをアートまで高めた人がスポーツやミュージシャン、芸術家の世界にいる突出した数人の人たちです。あなたには「潜在能力」があり、まだまだ隠れた可能性が充分にあります。

——————————————

もし、この思いがけない出会いが、あなたの必要性のレベルにおいてその引き金を引くような事があれば、あなたが生まれながらに持っている能力、素質、および才能をすべて開花させるきっかけになるでしょう!
心の問題を解決することで個人の能力、感覚、辛い慢性的な痛み・原因不明といわれる症状やトラウマ・グリーフ・ペットロス・喪失感を解決できると言うことは、まだほとんど知られていません!

痛み屋 店主 より

多重人格と評論家・批評家と狂人について

自分は、多重人格なの?

誰でもあるていど「自分は、多重人格なの?」と感じることがあるはずです。

これは心の持つ奇妙な反応のうちの1つでしかありません。

ある環境、ある場面、ある土地、ある時間に「人が変わる、性格が変わる、自分が変わる」というあれのことです。(完全に入れ替わってしまう人でも、危険の度合いは様々です)

明らかに狂気の人でない限り、自分が「他の人格、性格、特徴」を演じていることを「少し離れた場所から眺めている自分」を意識している自分がいると知っています。

これらの単なる反応を、自分の本能だ、自分の欲望だ、自分の本心だ、と考えたり、病気だと正当化する人たちがいます。さらに、こう言った人格や性格、特徴を嫌い、押さえつけようと努力したり、自分自身に幻滅したり、引いてしまう人もいるでしょう。

単に、処理しましょう。 以上

評論家、批評家という人格

それぞれの分野で評論家、批評家を名乗る人たちがいます。

評論家、批評家は、自分のいる感情のチャート上でしか物事を考えられません。ということは評論家、批評家は自分のいる感情のチャートに位置している評価、批評しか出来ないということです。

評論家、批評家は、自分の評論や批評は「完全に正しく」て、「世間の一般論を反映している、核心をついている」と自信を持っているかもしれません。

でも、心の反応と感情のチャートの知識に照らし合わせると評論家、批評家は、自分たちと同じ感情のチャート上にいる人たちの「反応」を引き出しただけなのかもしれません。

評論家、批評家と同じ感情のチャートにいる人たちの「反応」を、上手く引き出す言葉や文句を見つけた人がもてはやされているのが現代社会なのかもしれません。

アーティスト、芸術家、クリエイターに伝えたいこと。美的感覚の心のリハビリにむけて…

「比較的、正気な人は人を傷つけることを嫌います。狂気の人は狂人の視点に立って他の人を助けようとします。結果的に正気の人を自分の土俵に引き下ろした時に満足と快楽を得ます」

狂気の隣人には気を付けてください。狂気の人は自分の正体は、絶対にばれない!と慎重に隠しています。そして、実際「狂人を見つけ出す知識」がないと見つけることは難しいことがほとんどです。

助けが必要であれば、お声がけください。美的感覚の心のリハビリにむけて…

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

「多重人格と評論家・批評家と狂人について」でした。