子どもを本当に幸せにする「大人の接し方」

子どもに絶対聞いてはいけない事

こんな話を聞いたことがありますか・・。

「将来、なにになりたいの?」って子どもに聞いてしまうことありますよね。

上記は、子どもに対して当たり前の質問でしょう。

でも・・絶対に聞いてはいけない質問なんです。絶対に!です。

大人A   「B子ちゃんは、将来なんになりたいの?」

B子ちゃん 「わたしね~ケーキ屋さんになりたいの!」

大人A   「へ~いいね~」

            :

大人C   「D君は、大きくなったらなんになりたいの?」

D君    「ぼくね~声優になりたいんだ~」

大人B   「がんばんなよ!」

だめです! だめ!

これじゃ、ろくなもんになりゃしません。

子どもたちの周りにいる「大人の接し方」1つが将来に大きな影響を与えるんです。

親や先生・コーチなんて人たちの影響は計り知れないんです!!

うかつにも、「しょうらい、なんになりたいの?」なんてきくべきじゃありません。

どうして!?

なぜ!?

いけないの?

「しょうらい、なんになりたいの?」

と聞いてしまったら 最後まで「責任」をとって話をすすめましょう!

(トイレに入ったら、けつを拭き、手を洗うのとおなじです。)

上記の質問だと「ケーキ屋」「声優」になるのが目的・夢であり、最終地点と勘違いしている、可能性があるからです。理想と現実の違いを知らないからです。

現実は、毎日、毎日、毎日、毎日 ケーキを作り続けなくてはいけません。

つらくても、かなしくても、さびしくても 毎日作り続けなければいけません。

「ケーキ屋」に なるまでより、「ケーキ屋」に、なってからのほうが長いんです。

「ケーキ屋」1年目でも、「ケーキ屋」30年やってます、でも同じ「ケーキ屋」として名乗れてしまうし、じじつ1日目でも「ケーキ屋」ですよね。

わかりますか!?

「ケーキ屋」になりたいことは悪くないが、なりたいだけの気持ちでなってしまうとつづかないでしょうね。 厳しい世界ですから・・。

では・・なぜ 毎日作り続けるのか・・「生活のため・お金のため」じゃせつないですね~。

この場合のひとつの正解は「お客さんの笑顔を見たい」ってところかな、かっこよすぎ。

話をもとにもどすと「将来、なにになりたいの?」 だけでは ×

それから、「なに」をして「なに」をえたいのかまでハッキリと聞く! ってことが重要です。

色々な「プロ」のせかいで成功した人が、いっていることによく耳を傾けてみましょう。

たいてい、「よろこんでもらえる」ことが、はげみになっていると答えています。

じぶんのしたことが「みとめてもらえた」

じぶんのしたことで「よろこんでもらえた」

「だから、がんばろう」

「さらに、うえをめざそう」

と、モチベーションになります。

ここをシッカリ押えておけば、こどもが大人になった時どこの世界でも、がんばれるでしょう!!

追伸

ほんにんを無視して、受験や進学でむちゅうになっている、親にはわからないでしょうね。

ほんにんを、むしして受験や進学をさせられた、こどもが将来どんな反撃をするのか考えるとすこし恐ろしくないですか?

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

子どもを本当に幸せにする「大人の接し方」でした。

*ここでの「子ども」は、幼児から学生までを含みます。

どんな人間になりたいか!?人生設計、計画、プランに役立つ!

新たな視点に立って人生を作っていく3つの考え方。

あらゆることが物凄い速度で進化や変化をしていく時代、進化や変化について行けない者は容赦なく置いていかれます。

ここでは将来の予測に迷い悩める現代人に、新しい価値観を提供していきたいと思います。

まず「どんな人間になりたいか?」伝えたいことは理想と現実についてです。

理想的な状態、最適な状態の自分という考え方があります。

多くの者は理想と現実の狭間にいます。

理想の状態、最適な自分と現実の状態、現実の自分とのギャップ、乖離をだれでも少しは認識しているでしょう。

1、BE、DO、HAVE は知っていると思います。

BE ~になる、DO ~をする、HAVE ~を持つです。

HAVEから考えるべきです! BEからではありません。

BEから考えるのが正しいように見えたとしても、現実はHAVEから考えるんです。

あれを欲しい、だから~する必要がある、そうすると自分は~になる必要があるからです。

単純なところでは、お金が欲しい、だから仕事をする、そうすると自分は「バイト、契約社員、正社員」になるという順番になりますよね。

欲しい、得たいが最初にきます。

大学生になる!から始めると行動性と所有性が抜けているために、どこにも行きつきません。

人を救いたい、助けたい、役に立ちたい(HAVE)から、専門の勉強をする(DO)そのために良い大学に入りたい(BE)という順番であれば立派な者になるでしょう!

理想の姿、理想の状態を思い浮かべることが出来ると、現実がそこからどれ程のギャップがあるかどれだけ乖離しているかを知ることが出来ます。

そうはいってもギャップを埋めることは大変な努力が必要になるかもしれません。

2、自分の理想にむけて進み始めると、邪魔をする障害や問題が必ず現れます。

それをまとめると、自由、障害、目的という順番になるでしょう!

目的を達成するにあたり、必ず何かしらの障害が邪魔をしてきます。

それらを一つずつクリアーしていければ目的にたどり着けます。

3、同じように、目的(動機)、目標、ゴールというのもあります。

一般的には下記のように考えていくと教わるかもしれません。

目的(動機)を明確にするのと、強い想いがあればあるほど目標、ゴールを達成できる可能性が高くなる。

ダイエットをする動機(何のためにその物事をやるのか)、強い思いがあれば目標をクリアーしてゴールを達成できるでしょうと… 

結婚するためにダイエットをする!
という動機、目標のマイナス5キロをクリアーして、好きなあの人を振り向かせた!
ということが可能になるといった具合です。

その人のゴールを達成するために、ゴールが大きかろうが小さかろうが、活動(行動性)、目的(動機)がしっかり連携していれば上手くいく確率も上がります。

「どんな人間になりたいか?」これをご覧の、あなたは自分の理想や最適な自分の状態について考えたことがないかもしれません!

理想と現実について全く考えたことがないとしても、事実は理想と現実の狭間にいる!
ことから逃げることはできません。

痛み屋は、あなたが理想的な状態に向かって向上していくのを助けています。

痛み屋で提供している「心理性格診断テスト簡単本格当たる」を試してください。無料

理想と現実の自分との間に、どれだけギャップがあるのか知ることが出来ます。

理想に関して望みが持てなくなると、その度合いに応じて人は自らを死に向かって押し下げていきます!

人が以前に欲しがっていたものの現在は欲しがっていないとすれば「過去の苦痛、痛み」によって感覚が凍結されている可能性があります。

さらにその人は凍結された時点の感情において、周りと接したり物事を処理する傾向が強くなるため失敗のループにはまり込んでいくことが予測されます。

勘のいいひとはどうにかしてそれらを克服しようとしますが「過去の苦痛、痛み」の影響を取り除くことが出来ないと考えるに至ると、奇妙な強迫観念や何かに取りつかれた状態、またさまざまな不道理をもたらす傾向に進んでいきます。

あなたがそうだとは言いませんが、あなたの周りに必ず偏屈な人や奇妙な行動をする人、完全におかしな考えをする人がいるはずです。

先ほどの自由、障害、目的に照らし合わせると、障害(問題や悩みの種)のことです。

「理想と現実を思い知る!新たな視点に立って人生を作っていく3つの考え方」

どんな人間になりたいか!?人生設計、計画、プランに役立つ!でした。

では…。SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

人生を変えたい!男と女

変わりたい、よりよく変化したい!人生を変える

「人生を変える」にあたり、心の仕組みは切り離せないのですが、心の仕組みの中で「助けを拒否する、コントロールを嫌う」という特徴がみて取れます。

親は、子供を助けようとして「あれこれコントロールしたがる傾向」にあります。子供が嫌がる場合「無理やり、しつけようとする」のを見かけますよね。似たようなことは、男女の関係にも現れますよね。

助ける=コントロール=無理やり=しつこい=うるさい=しつけ=アドバイス=叩かれる=嫌な思いをする といった具合に心の中ですべてが繋がってきます。馬鹿だと思いながらも、別れられない男女の関係にも見え隠れするかな!?

その子供は、何度か嫌なしつけを経験するうちに「おとなしく従うようになる」か「激しく反発するようになる」か、どちらかに偏っていくことが観察されるでしょう。男女の関係にも、あるよね。

「争いたくない嫌われたくないという心理」か「変化に対して抵抗しなければという心理」のどちらかが働くようです。(人は自らが生き残るために選択します)

どちらにしろ、ここには「不同意」が存在することになります。

「従うふりをして、その場をやり過ごす態度」と「自分に対して理解を示さない人を断固拒否する態度」が育って行く可能性が考えられます。

こういったことは、家庭内、恋愛、学校、会社、グループなど、人が集まる場で観察することができるでしょう。

「不同意」が、大きく育つとどうなるか知りたいですか?

「人生を変える」簡単な自己分析

ここからは「人生を変える」簡単な自己分析の一部になります。

  1. 人からの「助けを拒否した時」「コントロールを拒否した時」をいくつか見つけられますか?
  2. そこで見つかった、自分の「その時の気持ち」を見つけてください。
  3. その中で、話してもかまわないと思う内容を教えてください。

この3つの質問に真剣に取り組むと「あなたの心を、大きく揺り動かすもの」になります。

どのように、変化するか楽しみに挑戦してください。

SNSなどで紹介してください。何か代わりに、恩返しできることがあれば教えてください。

人生を変えたい!男と女、でした。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だ!

少し変わった視点で、私たちの社会を見て見ましょう。

後半に『あらゆる人に効果のある「気分がよくなる、簡単な実践」があります。』
始めに、「助け」と言う主題を取り上げます。(これに気が付くことが重要なため。「助け」とは、誰かや何かの役に立つ、必要とされる、支援する、援助する、貢献するという事を含んでいます。)

自分が今いる周りを見回して「助け」について考えて見ましょう。

そこには「天井」がありますか?
「天井」は、どうやら雨や雪であなたが濡れない様に「助け」てくれますよね。

そこに「床」がありますか?
「床」も、あなたが下に落ちてしまわない様にあなたを「助け」てくれますよね。

あなたの周りは「明るい」ですか?
「光」は、どうやら物が目に見える様にあなたを「助け」てくれますよね。

他にはどんな物が目に入りますか?

水・空気・植物・動物・・・世界中のあらゆる物や人・・・。

それらは、どうあなたを「助け」てくれていますか?

少し視点を変えて見れば、色んな物や人が、あなたを「助け」てくれている事に気がつきませんか!?

この世には、物凄い数の「助け」が存在していて、あなたは「助け」を受け入れて、時にはあなたが色んな物や人を「助け」ているはずです。

あらゆる仕事は「助け合い」が必要ですよね。「助けた」事により、自分が報酬や賞賛を得る結果になるでしょう。

子供が遊ぶという事は、その経験が彼の人生を「助ける」事になるでしょう。

この世にあるどのような物も人も「何かを助け、何かから助けられている」という事実を今一度思い返して見ましょう。

「助け」と言う主題は、時として人を不快な気分にさせ、「助け」という主題を避けようという気分にさせるでしょう。

「過去に傷ついて、過去に捕らわれている人」は「過去の出来事と今、目の前で起きている事を混同している」事がよくあります。 

「助け」が「助け」にならなかった・・・、「裏切り」という結果になってしまった過去の「痛い」経験があるなど・・・経験・知識は人生にとても必要なものです、しかし失敗して傷つく・挫折・喪失・劣等感(コンプレックス)などの「苦痛」は「助け」について混乱した考え方をするようになる原因になりそうです。

それでも不思議な事に、人を観察して見ると『子供でも大人でも、過去にどんな経験が在ろうと、人には他の人を助けようとする「意欲」があり、助けを求められると「意欲が増す」傾向にある』という結果を得るはずです。(意欲とは- 進んで何かをしようと思うこと。また、その心の働き)

年を取った人、若者

一般的に
年をとった人は若者を見て「若い頃のように熱意を取り戻せたら」「人生をやり直せたら」と思い。
若者は年をとった人を見て「新しい考えを受け付けない」「頑固者」と考える傾向にあります。

この違いを生むものが「意欲」です。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だといえるでしょう。

年をとった人は若者を見て「人生経験が足りない」「知識が無い」となじり、物事を慎重に考えろと説きます。
若者は「少ない人生経験」「知識の無さ」から柔軟に素早く考え行動し、時には失敗をします。

若い頃に「意欲」を持っていたが、年を取ったら以前よりも「意欲」が無くなったと感じているならば、そこには「痛み」があるはずです。

年を取った人は「痛み」を溜め込み、若者は、まだ「痛み」の蓄積が少ない、「痛み」が「意欲」を押さえつけていくようですね。

心、肉体に対する大きな「痛み」は、一気に「意欲」を挫き「生きる力」さえ奪います、少量の「痛み」は少しずつ「意欲」を挫いていくようです。

あらゆる人に効果のある「気分がよくなる、簡単な実践

ここで若者にも年を取った人にも有効な「意欲」を回復させ「助けは良い物である」と気が付く興味深い【実践】を紹介します。

それは「散歩」です!
「意欲」を無くしている人、気分のすぐれない人、落ち込んでいる人、あらゆる人に広く効果があります。

とに角、試してみる【実践】あるのみです。「実感」以外に効果を知る事は絶対に絶対に出来ません。

ここでの散歩の仕方は「遠くの物を見たり、近くの物を見たりしながら散歩する」事が【秘訣】です!

そして、「たまに自分が今いる場所と自分が過去にいた場所とを比べる」ことです。

この二つを交互に繰り返しながら、気分がよくなるまで「散歩」する。これだけ!!

「痛み」を溜め込んでいる人は気分が良く感じるようになるまで時間がかかるかもしれません。
「痛み」の蓄積が少ない人は比較的、短時間で気分が良く感じてくるかもしれません。

(2時間ぐらいで気分のよくなる人もいれば、1~2週間続けなくてはいけない人もいるでしょう)
(出歩くのが難しい人は、部屋の中でも上記の要領で試してみてください。効果が出るまでに時間がかかるでしょうが)

「散歩」が役に立ちます。
この興味深い【実践】を行動に移し活動する事が、あなたの「助け」(役立つ)になることを願っています。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だ!でした。